業務委託の特徴について

近年では広告、宣伝としてWebサイト等が多くの取り扱われている。その際に会社側の多くは、IT系会社やIT系個人事業主に業務委託という形でインターネットサイトの制作を手掛けてもらっている。手数料は主に出来高制を採用されている。注文会社側のとってのメリットとしては、自社で育成をしなくとも高い能力の人材を選んで制作などの注文することが出来る。手数料や委託金として金額の支払いを行う為、雇用等の契約がない。したがって注文し、制作してもらっている期間も福利厚生等を支払う必要がない。これは短期間だけ金額を払うので、大きく経費を抑える事が出来る。受注側としては特に個人の場合、仕事を選ぶことが出来、期限の中であれば自分のペースで作業することができる。

また、人と接する場面が少ない為、人間関係等のストレスを感じる事が少ない。能力が高ければ頼まれる仕事のレベルも上がり収入も高くなってくる。また体力や力を必要せずエンジニアとしての能力が大切なので男だから、女だからと区別されるような事が少なく作業を行うことが出来る。しかし、上記書かれてある通り注文側の会社は福利厚生等を支払う必要がない為、受注側個人が福利厚生等を自己負担しなければいけない。また、雇用ではなく契約なので、その都度契約書などを書く必要があるが、注文側によってその内容が全く違う場合もある為よく確認が必要である。契約書記入後のトラブルは非常に不利になってしまうので注意が必要だ。
ちなみに、上記以外の業務委託に関する情報についても、《業務委託で独立開業しよう!》というサイトに詳細が記載してあるので共有しておくとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です